下天の華with夢灯り 愛蔵版

 pspの2つの作品を移植して、1つにまとめたものです。舞台化も今年された作品です。主人公は伊賀の忍びで、明智光秀の妹として過ごしながら、織田信長のために「安土の盾」になり、忍法の巻物(鳥・カエル・地蔵・女房・男武者などになれる)を使って変化の術を使うことができる、エリートの忍びです。

 攻略対象は、メインの織田信長をはじめ、豊臣秀吉・徳川家康・明智光秀などがいて、下天の華では織田信長が史実通り、本能寺で死なないようにすることが主なストーリーの流れになっています。どのキャラクターも豪華声優陣を起用しているので、演技はプレイヤーを魅了させてくれます。夢灯りのほうは、竹中半兵衛が豊臣秀吉の天下統一を狙い、織田信長を排除しようとするのを止める、ストーリーの流れになっており、攻略対象に豊臣秀吉の両兵衛(竹中半兵衛と黒田官兵衛)が追加されております。

 サブキャラの攻略対象の師匠の百地尚光や、信長の弟の織田信行も魅力的です。守られるだけの主人公ではなく、攻略対象を守る立場の主人公なので、美しい容姿で変化の術をうまく操る主人公は、プレイヤーにとって楽しくて、技術はあっても恋愛に関しては、まったく無知な主人公なのが、歴史的恋愛ゲームが好きな私にとっては、オイシイ設定になっていると思います。